統合失調症とうつ病

ストレスが影響し統合失調症に

統合失調症の発症率として100人に1人の割合で起こるそうですが、以外にも男性よりも女性が発生しやすいとのことです。ただし、うつ病と同じように、発症する率は女性の方が多いのですが、進行率は男性の方が高いそうです。

 

統合失調症は、心の病気と表現され、実は自分を安定させたり、やる気を出したりする神経伝達物質のバランスが崩れるために発症する、いわば体の中の部分である精神的な病気の一つです。患者数は昔と比べどんどんと増加し、うつ病に至っては15人に1人の割合で発症しているとのこと・・・。ただし、軽度から重度まであり、障害の中で誰しも一度は経験するといわれるので、っよくある病気の一つです。

 

統合失調症が発生する原因として、男性の場合は将来の不安、女性の場合だと生理的な部分が関係するそうです。現実に女性は家事に9割、育児のほとんどを負担になり、どうしてもストレスがかかってしまい、歯止めがきかずに、症状が悪化してしまうそうです。

 

それから、人間の性格も関係し、生真面目な人の性格傾向も影響し、過剰なストレスを受け続け、耐えきれなくなると発症してしまうとのことです。

 

そのために、女性も男性も統合失調症を予防するために、時間をうまく使うこと。現実に残業などで自分の時間や睡眠時間が減りる人ほど、ストレスが溜まり統合失調症、それからうつ病になりやすいというデータが出ています。

 

 

ページの上へ